FC2ブログ
こんにちは!Pips!
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球とバイナリーオプションの共通点!?
今年も甲子園では、数々の熱い激闘が繰り広げられました。


ベスト4で敗退してしまったとは言うものの、日本中の注目を浴びた怪物スラッガー、早稲田実業の清宮選手。

まだ1年生なので来年、再来年と更に注目されていくことでしょう。

既に群を抜いている感もありますが、より一層の成長を期待したいものです。


同じくベスト4で敗退してしまった、関東第一のオコエ選手。

甲子園開幕時から既にスゴイ選手だと話題になっていましたが、実際に試合を重ねていくたびにその実力は本物だと感じずにいられませんでした。

目を見張るような大ファインプレー、勝利を決定付けるホームラン、来年はプロでの活躍が期待されます。


準優勝した仙台育英の佐藤世那(せな)投手は、一人で多くのイニングを投げぬき、準決勝までの防御率は1点代でした。

決勝でこそ、それまでの疲労か、相手打線の強力さか、10失点してしまいましたが、誰も彼の投球術と精神力を疑うものはありません。


また、同じく仙台育英の平沢大河選手の活躍ぶりも素晴らしいものがありました。

東北初の優勝は持ち越しとなってしまいましたが、日本中が仙台育英の勝利への執着心に感動しました。


そして、それらの超強豪達を打ち破って全国制覇を果たした東海大相模。

史上3人目となる左投手での150km越え、小笠原慎之介投手は決して速度だけのピッチングではなく「高校生には打てない」とまで言われるものでした。

その小笠原投手一人にばかり負担をかけずに済んだのは、右のエース、吉田凌投手のキレまくりスライダーがあったからでしょう。

圧倒的センスを感じさせるショート杉崎成輝選手、ここぞという時に打つ4番豊田寛選手、甲子園での打率6割、磯網栄登選手。



ベスト4に辿りつく前に惜しくも敗退してしまった学校にもたくさんの優れた選手がいました。

今後も彼らは、強い体と心を活かして野球で、社会で活躍していくことでしょう。



さて、甲子園の試合を観ていて、ふと感じたことがあります。

それは、「リードすると圧倒的に有利だ」ということです。

同じくらいの実力がある場合、先制した側の投手は同点のときより、落ち着いて投げることが出来ます。
守備もいつもどおりのプレイをしやすく、攻撃もより積極的になります。
逆にビハインドがあるチームは、次の一点を絶対にやってはいけないと投手も守備も固くなりがちです。
打線も焦ってしまい、本来の実力を発揮しにくくなるようです。

1点差、2点差ならともかく、3点も差がつくと、この差はとても顕著に現れるように思います。

あるいは、これは日頃から野球をしている方にとっては当たり前のことなのかも知れませんが。



甲子園ベスト4の関東第一は、地方大会から甲子園準々決勝直前までずっと「一度もリードされることなく」勝ち進んできたそうです。
甲子園準々決勝の興南戦で、初めて相手チームにリードを許しましたが、それも直後の攻撃で同点に追いつきゲームに勝ちました。
初めてまともにリードを許したのが、準決勝の東海大相模ですが、その試合は負けてしまいました。


全国制覇した東海大相模も、地方大会でリードを許したのは1試合だけです。
それも1回の表に1点を取られたというだけで、その直後、1回の裏に3点取り返しています。
甲子園の試合でも、リードされたのは準々決勝の花咲徳栄(はなさきとくはる)だけです。
この試合は、東海大相模にとって、地方大会・甲子園の全試合を含めて、もっとも厳しい戦いだったと思います。
最終的には8回裏に追いついて、9回裏にサヨナラ勝ちとなりました。



「リードしてしまうことで、相手の実力を十分に発揮させない」

今年の東海大相模の場合は特に、このことを有効に使えていたように思います。
甲子園で行った5試合のうち、4試合は初回に得点、そのうち3試合は初回に4得点しています。
投手の立ち上がりが不安定なところを、一気に叩き、相手に焦りを与えてしまい、自身はゆとりをもって思う存分、攻めるのですね。

準優勝した仙台育英や、ベスト4の関東第一、早稲田実業もこういった勝ち方が多かったのではないでしょうか。
早稲田実業は、大量点差をひっくり返した試合などもありました。
そういう試合はそういう試合で勢いが付きますが、やはり勝ち残るチームの多くは

「精神状態の優位さを出来るだけ保つ」

ような試合運びをしてきたと思います。


さて、今日は高校野球の話ばかりを長く続けてきましたが、いよいよバイナリーオプションの話です。(笑)


私は「精神状態の優位さを出来るだけ保つ」ことが、バイナリーオプションにとっても大きな意味を持つと思っています。

口座に10万円入れていたとします。

勝てる自信があって、5万円も勝負してしまったとします。

負けてしまったとします。

どういう精神状態になるでしょう?

普通の人は焦ります。

負けを取り戻さなければならないと思って、大したチャンスでもないのに大きく投資してしまわないでしょうか?

FXやバイナリーオプションをしてきた人なら、ほとんどの人が似たような経験があることでしょう。

負けたときは、気持ちが焦りがちなのです。


一方、不思議なほど負けない日もあります。

1度目、2度目の取引で上手に勝つことが出来て、気持ちにゆとりが出来たときです。

3度目は仮に負けても、今日1日はトータルプラスになる。

そう思ったら、騙しのサインにひっかからず、冷静にチャートを見れる確率が高くなるはずです。



では、「精神状態の優位さを出来るだけ保つ」ことが大切だとして、どのような対策が考えられるでしょうか。

まず、「事前に決めた一定額の損失を出したら、その日はもうエントリーしない」ということです。

これは損失を大きくさせないために、かなり有効だと思います。

一番ひきずるのは当日なので、その日の投資を中止するだけでかなり大きな意味があります。


でも、1週間の限度額(越えたらその週は取引しない)、1ヶ月の限度額(越えたらその月は取引しない)も決めても良いかも知れません。



あとは、最初からある程度、良い条件化で取引することです。

例えば、ペイアウト率1.6倍などという厳しい条件下で取引していれば、良いリズムに乗ることはそれだけ難しくなります。

つまり企業によって大きく変わってしまう要素なのですが。

「企業によってそんな差がある?」と思うかも知れませんが、海外企業は企業によって驚くほど条件に差があると感じます。

A社で勝てなかった人が、B社でいきなりリズムを掴むということは往々にしてあります。



だからと言って、あまり明確に「ここが最良、ここはダメ」とは言えません。

すべての企業を試したわけでもなければ、1つ1つの企業の条件を細部まで知っているわけでもないからです。
個人によっての相性もあります。


ただ、参考程度に書かせて頂くのなら、私が一番お薦めしているのはソニックオプションです。

理由としては、

・スプレッドのないハイローとしては、ほぼ最大値であるペイアウト率1.8倍であること。

・通貨ペアによってペイアウト率が変わらないため、計算しやすくリズムを掴みやすいこと。

ボーナストラブルゼロを宣言している企業であること。
 (ボーナスは取引に使用出来ません。条件達成後に出金だけが可能です。)

・定期的に魅力的なイベントがあること。
 (例えば、抽選によって、1ヶ月間ペイアウト率が2.0倍になるなんていうこともあります。)

その他にも色々理由はあるのですが、ここでは割愛します。

他の企業としては
スプレッドありなら、
ハイローオーストラリア(ペイアウト率2.0倍で初回取引額キャッシュバック)
ジェットオプション(普段から2.0倍越え、イベント時は最大でペイアウト率3.0倍のハイローが可能)
あたりが面白いと思います。

でも、結局はご自身が良いと感じる企業を選択するのが一番だと思います。
ただし、調査は慎重に!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hellopips.blog.fc2.com/tb.php/27-0f6e13ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログランキング

皆様の応援が力になります!
1日1クリックご協力お願いします。



にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ


プロフィール

相場 礼人

Author:相場 礼人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問してくれたひとたち

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。