FC2ブログ
こんにちは!Pips!
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイナリーオプションでもっと簡単に利益率を上げる方法
前回、バイナリーオプションで利益率を上げる方法として、ペイアウト率の重要性を説きました。

勝率60%をキープ出来たとして、ペイアウト率1.7倍なら期待値は投資額の2%、ペイアウト率2.0倍なら期待値は投資額の20と、なんと10倍も変わるのだという話でした。

【ペイアウト率1.7倍、1回1,000円、勝率60%の場合に期待出来る利益】
勝率*利益 - 敗率*損失
=0.60 * 700 - 0.40 * 1,000
=20円


【ペイアウト率2.0倍、1回1,000円、勝率60%の場合に期待出来る利益】
勝率*利益 - 敗率*損失
=0.60 * 1,000 - 0.40 * 1,000
=200円


多くの方は、前者に近い条件でトレードをされています。
勝率60%をキープしてさえ、ほぼ利益ゼロというのでは相当に厳しいです。
これでは、経験を重ねてもなかなか利益に繋がりません。

ところが、後者の条件であれば大幅に期待値が上がるということです。

そして、ペイアウト率2.0倍の企業として、ハイローオーストラリアTRADE200をご案内しました。

どちらもペイアウト率2.0倍の代わりに、0.2~0.6Pipsほどのスプレッドがあり、今まで勝率60%だった方の場合、スプレッド付きのハイローになることによって、少し勝率が落ちることが想定されます。
どの程度、勝率が落ちるかの計算は難しいところですが、もし、勝率が55%まで落ちたとしても期待値は10%となります。
ペイアウト率1.7倍の条件よりずっと期待出来るということです。

・・・と、ここまでが前回までのお話です。

さて、今日の本題ですが。

上記のように期待値に大きな影響を与えるペイアウト率。
なんと、このペイアウト率が2.1倍のスプレッドハイローが登場しました。

ジェットオプションという企業で、2015年の6月からサービスを開始したばかりです。

120秒の取引で最大ペイアウト率2.1倍ということで早速期待値を計算してみました。

>【ペイアウト率2.0倍、1回1,000円、勝率60%の場合に期待出来る利益】
勝率*利益 - 敗率*損失
=0.60 * 1,100 - 0.40 * 1,000
=260円


なんと、投資金額の26・・・です。

もしこれをキープ出来るなら、4回の取引ごとに倍になってしまいます。
・・・と、まぁさすがにそれは難しいでしょう。(笑)

実際はスプレッドがある分、勝率が落ちるはずなのでそこまでの期待値は出ないでしょう。
ですが、今まで期待値が高いことで人気であったハイローオーストラリアTRADE200よりもさらに好条件の企業が登場したわけです。

これはちょっと期待せずにいられません。

なお、入金額に対してボーナスが付きますが、出金条件がつくのでこれは拒否してしまった方が出金の足枷にならなくて良いかと思います。

海外バイナリーオプションに慣れている方は、出金条件がつくボーナスは拒否してしまうか、あるいは出金条件を満たせるまで腰を据えて行う覚悟か、どちらかになるものです。
悩むくらいなら拒否で良いと思います。

どんどん進歩していくバイナリーオプションですが、今ならジェットオプションを試してみるのが面白いかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hellopips.blog.fc2.com/tb.php/24-3d827c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログランキング

皆様の応援が力になります!
1日1クリックご協力お願いします。



にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ


プロフィール

相場 礼人

Author:相場 礼人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問してくれたひとたち

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。