FC2ブログ
こんにちは!Pips!
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプレッドなしのペイアウト率2.0倍が存在する?
バイナリーオプションについての新情報をお知らせします。
おそらく、まだご存じない方が圧倒的に多く、検索してもなかなか出てこないと思います。


おそらく今まで一番、人気があった企業は
ハイローオーストラリア
TRADE200
など、ペイアウト率2.0倍がセールスポイントになっている企業です。

なにしろ勝率50%を少しでも超えたら利益になってしまうわけですから注目に値します。

ただ、それらの企業の唯一、気になる点はスプレッドやレンジの存在です。

「上下を予想するだけなら、適当にやっても勝率50%のはず!」

「テクニカルとファンダメンタルズの要素を取り入れれば50%を超えないわけがない!」


そう思って、ペイアウト率2.0倍の企業を選択してみるももの、実際にやってみると

スプレッドの存在によって、損失が発生してしまったり、利益が小さくなってしまったりします。

一応、スプレッドを知らない方のために簡単に説明しておきます。
1ドル=100.000円のときに上昇と予想して、判定時刻に100.001円ではペイアウトにならず、100.004円以上でペイアウトになるようなルールです。
この場合だと、0.4銭のスプレッドがある、ということです。
レンジも言葉は違ってもほぼ同じものです。

さて、新情報の本題です。

なんと、ペイアウト率2.0倍でスプレッドもレンジもないという企業があらわれました。

当然、「じゃぁどこで利益(企業の手数料)を出しているのか?」という疑問が発生するものと思われます。

ペイアウト率2.0倍なのは短期トレードだけですので、おそらく短期以外のトレードで利益を出しているものと思われます。
ペイアウト率2.0倍は慈善事業なんでしょうか。

これはすごいことです。
まさに勝率50%を少しでも超えたら利益という状態で、適当に予測しても50%という状態です。

ただ、やはり注意点はありそうです。

まず、出金は本人確認後に海外送金になります。
海外送金なので、手数料が必要で1回の出金あたり4,000円かかります。

なかなか大きいですね。
ちょっと細かい単位で出金するのはもったいない感じです。

次にボーナスによる出金条件です。
海外バイナリーオプションの経験が豊かな人ならご存じだと思いますが、ほとんどの企業はボーナスをくれます。
そして、それを受け取ると同時に出金条件も与えられます。

この出金条件が非常に誤解を与えやすく、決して良心的とは言い難いルール設定になっています。
(海外ではごく普通のようですが、日本人の常識感には合いません。)

ボーナスを受け取ったら、ボーナスの30倍の取引量を達成するまで出金出来ない、といったルールなのですが、このルールを広告上、
目立たない位置にしか書いていないため、あとから知ると詐欺だと感じてしまう人が多い(というかそれが普通)のです。

いい加減このルールはやめたら良いのにな、と思います。
これがあることで、海外バイナリーオプションは日本国内では敬遠されて、かえって企業の利益を失ってると思います。

しかし、そこはルールを熟知していれば良いだけのこと。

この企業の場合、ボーナスの30倍の取引量を達成することが出金条件で、出金条件を満たす前だと利益もボーナス額も出金出来なくなります。
明確に出金の足かせになります。
なので、ボーナス受け取りは拒否するのがお薦めです。

ただ、さらに気になるのは、この企業は
「ボーナスの受け取り拒否はできるボーナスキャンペーンと出来ないボーナスキャンペーンがある。」
と言っていることです。

正直、拒否出来ないってなんだよ、と感じます。
キャンペーンは期間によって変わるので都度、サポートに問い合わせるしかなさそうです。

手順としては、
1.口座を開設する
2.サポートでボーナス受け取り拒否が可能か確認する。
3.可能と言われてから入金する

これが良いと思います。

もし、受け取り拒否が不可と言われた場合は、
・キャンペーンが変わるのを待つか、
・あるいは出金条件を満たすまでの期間はもう出金をしないと決め込んで、ボーナスを受け取るか
のどちらかです。

足枷になる以上にペイアウト率2.0倍スプレッドなしの恩恵があると感じるならありだとは思います。
ただ、その場合、最低入金額である20,000円で一度試してみた方が良いかもしれません。

また、私は登録こそしたものの、まだ取引・出金をしていない状態ですので後日、情報が追加される可能性もあります。
(何もなければ記載しませんが。)

以上、バイナリーオプションの新情報でした。

追記>なんとこの企業、この記事を書いてから2週間後にある範囲のアフィリエイター全員に広告の停止依頼を出したようです。
ちょっと理由はわかりませんが、広告を出してほしくない企業を紹介するのもどうかと思うので企業名も削除しました。
スプレッドなしのペイアウト率2.0倍という設定自体が異常なので、そのあたりが絡んでいるのでしょうか。

やはり、しばらくはハイローオストラリアの独壇場が続きそうですね。



また、今回調査した他の企業で取引時間15秒の企業として、オプションカラー(OptionColor)という企業も超短期トレード好きには面白そうでした。
個人的には超短期は難しい気がするので使いませんが。



スポンサーサイト
五つ星?優秀な海外バイナリーオプション企業をPickup!
皆さん、こんにちは。

本日は、2015年9月にリニューアルオープンされた海外バイナリーオプション企業、ファイブスターズオプションをご紹介したいと思います。

香港にある企業ですが、ちょっと・・・、いえ、だいぶ他の海外企業とは異なる部分があります。

かなり恵まれた条件なので、企業見直しが利益に繋がる可能性もなかなか高そうです。

バイナリーオプショントレーダーの方は、ご一読されることをお薦めします。



まず、他の海外企業と異なる点の1つ目。

ファイブスターズオプションの入出金は、国内企業に限りなく近い安心感がある点です。

・過去に運営してくる中で1度も口座凍結や出金拒否が行われたことはありません。

海外企業では、たまに聞く噂なので、なんとなく不安を感じている方も多いかと思います。
その不安が最初から大きく払拭された形となりました。

・高額なボーナス付加による厳しい出金条件の発生などは一切ありません。

海外企業では、初回入金と同時に高額のボーナスを付加し、その代わり、そのボーナスの何十倍もの取引量を達成しないと出金出来なくなるというルールがとても多く採用されています。
なかには、出金条件について良く理解しないままボーナスを受け取ってしまい、後から出金出来なくて揉めているトレーダーもいるほどです。
この点、ファイブスターズオプションはそういった不明瞭な出金条件は用意しておらず、トレーダーの身になって作られたルールで運営しています。

国内の銀行や郵貯から入出金可能。銀行営業日の午前中に申請すれば15時には出金可能。

海外企業では、入金時にクレジットカードを使うと入金額と同額まではクレジットカードで出金出来ますが、それを超えた分は海外送金となります。
これはクレジットカードの仕組み上、仕方がないことですが、海外送金となると出金に5~12営業日程度の時間がかかることが普通で、また送金手数料を取られることもあります。
このため、海外企業ではネッテラーというイギリスの決済システムを利用するトレーダーが多くなっています。
(ネッテラーについて、ご存知でない方は別途、調べてみてください。)
ですが、ネッテラーは登録手順や使い方を覚えるのに手間があったり、1日の出金上限額が10万円程と決まっていたり、ずっと使わないでいると残高が消されてしまう可能性があるなど、初心者にはいくらか抵抗感もあるものです。
それでもしっかり覚えて使えば、かなりメリットはありますが、ファイブスターズオプションの場合はそもそも国内の銀行や郵貯から普通に入出金が出来るのでそういった煩わしいことを考えなくて済みます。



他の海外企業と異なる二点目。

ファイブスターズオプションのキャンペーンは、純粋にお得であることです。

先述したようにボーナスは付加されませんが、キャンペーンは幾つか用意されています。

・入金前でもスマホアプリのレビューを書くだけで2,000円。

なんど口座開設して1円も入金していない状態から、スマホアプリのレビューを書くだけで口座に2,000円入れてもらえます。
これを取引で増やして、10,000円以上にすれば出金も可能です。
スマホを持っていない方は、サポートに連絡すると相談にのってもらえます。
他海外企業のキャンペーンは、出金条件がついたりして「それって結果的に得?損?」というものが多いのですが、ファイブスターズオプションのキャンペーンは得だということが分かりやすくなっています。

・初回から10回分の取引総額5,000円以上で5,000円キャッシュバック。

上のキャンペーンの2,000円を失ってしまった場合、10,000円以上入金して10回の取引を行うと、その取引総額が5,000円以上なら5,000円キャッシュバックされます。
つまり、10回の取引総額を5,000円になるようにすれば、リスクフリー取引になるということです。
1つ目のキャンペーンと2つ目のキャンペーンをあわせれば、7,000円ものリスクフリー取引が出来るということになります。
バイナリーオプション初心者が、取引に慣れるまではリスクフリーで覚えて欲しい、という主旨のようです。

・1ヶ月の取引総額$10,000以上で、1%キャシュバック。

$10,000以上というと100万円以上です。
100万以上も取引して1%か、と思うかも知れませんが、重要なのは「残高ではなくと取引総額」であることです。
何度も取引を繰り返すBOでは10万円ほどの資金で1ヶ月に100万円分の取引をすることは十分に可能です。
その場合、1%の1万円が返ってくるということは、最初の資金に対して10%のキャッシュバックと考えることも出来ます。
ある程度、しっかりトレードする人向けのサービスですが、意外になかなか大きな特典です。



他の海外企業と異なる3つ目の点。

ファイブスターズオプションは、非常に多彩な取引が可能になっていて、自然と戦略も幅が広がる。

・値動きを予想出来なくても、常勝組に入ることが可能なオートトレード

トレードをしていると、「勝ってる人はどんなトレードをしているのだろう?」と思うことがあると思いますが、ファイブスターズオプションのオートトレードは、成績優秀なトレーダーをフォローすることで、同じ取引を自動的に行うことが出来るというものです。
もちろん、フォローしてしまえば、PCの電源を入れておく必要はなく放置です。
過去の成績が良くても今後も良いとは限らず、未来の成績が優秀なトレーダーを見つけるのは、簡単ではないかも知れませんが、本当に優秀なトレーダーを一度見つけてしまえば、これはもう金脈を掘り当てたようなものかも知れません。
1回の取引額と累計損失額は自分で設定できるので、資金にあわせた取引を行うことが出来ます。

・ラダーやJラダーも可能

ラダーオプションやJラダーオプションも可能となっています。
たとえば、大きな経済指標発表がある時間帯に、一番離れた価格を両建てで購入するという戦略を使うことが出来ます。
これは、「どちらに動くかは分からないが、大きく動くだろう」という予想なので、雇用統計など大きな変動が予測される時間帯の直前には多数のトレーダーが同じ取引を行っています。

・特別ルールのFX/CFD

FX/CFDも可能です。
通常、FXで9割の人が負けるといわれる理由の1つは、決済のタイミングが非常に難しいことにあります。
損小利大にすべきところを、少し利益が出ると決済したくなり、損失が発生すると待ちたくなってしまうためです。
これは理屈では理解しても、人間の感情が恐怖に対してもっとも強い感情を持つことからも、容易に修正できるものではありません。
ですが、ファイブスターズオプションのFXは、エントリー時に指値と逆指値を必ず設定します。
そのため、指値・逆指値を変更さえしなければ、この感情に動かされて不利な取引をしなくて済むことになります。
また、満期時刻がくると自動的に決済されることになっているため、塩漬けのポジションなどを持たなくてすみます。
通常のFXで勝てなかった人でも、あるいはこのルールなら・・・と感じる部分もあるかと思います。



そのほか、ファイブスターズオプションはサポートもしっかりしており、取引システムもカッコよく使いやすくなっています。
まさに、五つ星といえるファイブスターズオプションですね。

企業を見直すことによって、損益が変わってくるということも期待したい内容です。

高校野球とバイナリーオプションの共通点!?
今年も甲子園では、数々の熱い激闘が繰り広げられました。


ベスト4で敗退してしまったとは言うものの、日本中の注目を浴びた怪物スラッガー、早稲田実業の清宮選手。

まだ1年生なので来年、再来年と更に注目されていくことでしょう。

既に群を抜いている感もありますが、より一層の成長を期待したいものです。


同じくベスト4で敗退してしまった、関東第一のオコエ選手。

甲子園開幕時から既にスゴイ選手だと話題になっていましたが、実際に試合を重ねていくたびにその実力は本物だと感じずにいられませんでした。

目を見張るような大ファインプレー、勝利を決定付けるホームラン、来年はプロでの活躍が期待されます。


準優勝した仙台育英の佐藤世那(せな)投手は、一人で多くのイニングを投げぬき、準決勝までの防御率は1点代でした。

決勝でこそ、それまでの疲労か、相手打線の強力さか、10失点してしまいましたが、誰も彼の投球術と精神力を疑うものはありません。


また、同じく仙台育英の平沢大河選手の活躍ぶりも素晴らしいものがありました。

東北初の優勝は持ち越しとなってしまいましたが、日本中が仙台育英の勝利への執着心に感動しました。


そして、それらの超強豪達を打ち破って全国制覇を果たした東海大相模。

史上3人目となる左投手での150km越え、小笠原慎之介投手は決して速度だけのピッチングではなく「高校生には打てない」とまで言われるものでした。

その小笠原投手一人にばかり負担をかけずに済んだのは、右のエース、吉田凌投手のキレまくりスライダーがあったからでしょう。

圧倒的センスを感じさせるショート杉崎成輝選手、ここぞという時に打つ4番豊田寛選手、甲子園での打率6割、磯網栄登選手。



ベスト4に辿りつく前に惜しくも敗退してしまった学校にもたくさんの優れた選手がいました。

今後も彼らは、強い体と心を活かして野球で、社会で活躍していくことでしょう。



さて、甲子園の試合を観ていて、ふと感じたことがあります。

それは、「リードすると圧倒的に有利だ」ということです。

同じくらいの実力がある場合、先制した側の投手は同点のときより、落ち着いて投げることが出来ます。
守備もいつもどおりのプレイをしやすく、攻撃もより積極的になります。
逆にビハインドがあるチームは、次の一点を絶対にやってはいけないと投手も守備も固くなりがちです。
打線も焦ってしまい、本来の実力を発揮しにくくなるようです。

1点差、2点差ならともかく、3点も差がつくと、この差はとても顕著に現れるように思います。

あるいは、これは日頃から野球をしている方にとっては当たり前のことなのかも知れませんが。



甲子園ベスト4の関東第一は、地方大会から甲子園準々決勝直前までずっと「一度もリードされることなく」勝ち進んできたそうです。
甲子園準々決勝の興南戦で、初めて相手チームにリードを許しましたが、それも直後の攻撃で同点に追いつきゲームに勝ちました。
初めてまともにリードを許したのが、準決勝の東海大相模ですが、その試合は負けてしまいました。


全国制覇した東海大相模も、地方大会でリードを許したのは1試合だけです。
それも1回の表に1点を取られたというだけで、その直後、1回の裏に3点取り返しています。
甲子園の試合でも、リードされたのは準々決勝の花咲徳栄(はなさきとくはる)だけです。
この試合は、東海大相模にとって、地方大会・甲子園の全試合を含めて、もっとも厳しい戦いだったと思います。
最終的には8回裏に追いついて、9回裏にサヨナラ勝ちとなりました。



「リードしてしまうことで、相手の実力を十分に発揮させない」

今年の東海大相模の場合は特に、このことを有効に使えていたように思います。
甲子園で行った5試合のうち、4試合は初回に得点、そのうち3試合は初回に4得点しています。
投手の立ち上がりが不安定なところを、一気に叩き、相手に焦りを与えてしまい、自身はゆとりをもって思う存分、攻めるのですね。

準優勝した仙台育英や、ベスト4の関東第一、早稲田実業もこういった勝ち方が多かったのではないでしょうか。
早稲田実業は、大量点差をひっくり返した試合などもありました。
そういう試合はそういう試合で勢いが付きますが、やはり勝ち残るチームの多くは

「精神状態の優位さを出来るだけ保つ」

ような試合運びをしてきたと思います。


さて、今日は高校野球の話ばかりを長く続けてきましたが、いよいよバイナリーオプションの話です。(笑)


私は「精神状態の優位さを出来るだけ保つ」ことが、バイナリーオプションにとっても大きな意味を持つと思っています。

口座に10万円入れていたとします。

勝てる自信があって、5万円も勝負してしまったとします。

負けてしまったとします。

どういう精神状態になるでしょう?

普通の人は焦ります。

負けを取り戻さなければならないと思って、大したチャンスでもないのに大きく投資してしまわないでしょうか?

FXやバイナリーオプションをしてきた人なら、ほとんどの人が似たような経験があることでしょう。

負けたときは、気持ちが焦りがちなのです。


一方、不思議なほど負けない日もあります。

1度目、2度目の取引で上手に勝つことが出来て、気持ちにゆとりが出来たときです。

3度目は仮に負けても、今日1日はトータルプラスになる。

そう思ったら、騙しのサインにひっかからず、冷静にチャートを見れる確率が高くなるはずです。



では、「精神状態の優位さを出来るだけ保つ」ことが大切だとして、どのような対策が考えられるでしょうか。

まず、「事前に決めた一定額の損失を出したら、その日はもうエントリーしない」ということです。

これは損失を大きくさせないために、かなり有効だと思います。

一番ひきずるのは当日なので、その日の投資を中止するだけでかなり大きな意味があります。


でも、1週間の限度額(越えたらその週は取引しない)、1ヶ月の限度額(越えたらその月は取引しない)も決めても良いかも知れません。



あとは、最初からある程度、良い条件化で取引することです。

例えば、ペイアウト率1.6倍などという厳しい条件下で取引していれば、良いリズムに乗ることはそれだけ難しくなります。

つまり企業によって大きく変わってしまう要素なのですが。

「企業によってそんな差がある?」と思うかも知れませんが、海外企業は企業によって驚くほど条件に差があると感じます。

A社で勝てなかった人が、B社でいきなりリズムを掴むということは往々にしてあります。



だからと言って、あまり明確に「ここが最良、ここはダメ」とは言えません。

すべての企業を試したわけでもなければ、1つ1つの企業の条件を細部まで知っているわけでもないからです。
個人によっての相性もあります。


ただ、参考程度に書かせて頂くのなら、私が一番お薦めしているのはソニックオプションです。

理由としては、

・スプレッドのないハイローとしては、ほぼ最大値であるペイアウト率1.8倍であること。

・通貨ペアによってペイアウト率が変わらないため、計算しやすくリズムを掴みやすいこと。

ボーナストラブルゼロを宣言している企業であること。
 (ボーナスは取引に使用出来ません。条件達成後に出金だけが可能です。)

・定期的に魅力的なイベントがあること。
 (例えば、抽選によって、1ヶ月間ペイアウト率が2.0倍になるなんていうこともあります。)

その他にも色々理由はあるのですが、ここでは割愛します。

他の企業としては
スプレッドありなら、
ハイローオーストラリア(ペイアウト率2.0倍で初回取引額キャッシュバック)
ジェットオプション(普段から2.0倍越え、イベント時は最大でペイアウト率3.0倍のハイローが可能)
あたりが面白いと思います。

でも、結局はご自身が良いと感じる企業を選択するのが一番だと思います。
ただし、調査は慎重に!
海外バイナリーオプションにおける入出金の問題。
海外バイナリーオプションをされている方、これからしようと思っている方は、入出金について良く知っておく必要があります。

大きく分けて2つのポイントがあります。


【ポイント1】
ボーナスを受け取るときは、出金条件をよく確認する。不利な出金条件ならボーナス受取りを拒否する。



これは、今までにも何度かご説明している内容ですが、思ってる以上によく理解されていない方が多いのでもう1度整理します。

「初回入金額に対して、ボーナスがついた!、わーい!」
などと、単純に喜んではいけません。

海外企業でボーナスを貰うと、同時に出金条件も付きます。

例えば、「ボーナス額の30倍の取引量を達成するまで出金不可能」といった具合です。

そして、上記のような条件の場合、多くの人は

「出金条件ってボーナスの出金条件でしょ?、出金条件を満たせなくても、入金額と利益は出金出来るよね?」

と考えるのですが、そういう企業ばかりではありません。

「利益はボーナスを使って得た利益なので、出金条件を満たさなければ、利益もボーナスも出金出来ません」

という企業が多いのです。

なかには、入金分さえ出金不可という企業もあります。
(さすがにこういう企業は、非難が多く、大抵の場合、途中でルール改正しているようですが。)

また、ボーナスを取引にだけ利用出来る企業、出金だけが可能な企業、両方が可能な企業と分かれてもいます。



問題なのは、多くの海外企業紹介サイトでこういった重要事項が割愛されていること、もしくは目立たなく記載されていることにあります。

そのため、海外企業は詐欺が多いという認識を持ってしまわれている方も多いようですが、実は利用規約にきちんと書かれていることがほとんどです。(ただし、中には本当に詐欺の企業もあるのかも知れません。)


普通のルートで探すと、大変、分かりにくいと思いますので、出金条件達成前でも入金額+利益が出金可能な企業を下記に記して見ます。
ただし、実際にはもっとたくさんあると思います。
今、私が把握してる範囲に限定しての記述です。

1.ソニックオプション

ボーナスは取引に利用できず、出金のみに利用出来ます。
このため、「利益はボーナスを使って得たもの」という条件に該当しません。
いつでも、入金額+利益が出金可能なので、とりあえずボーナスは受け取っておけばOKです。
あとで、出金条件達成が難しいと感じた場合は、ボーナス分だけ破棄すれば良いということになります。
なお、この企業は、他の設定やスペックも良心的で、面白いイベントなどもあり初心者にはイチオシです。

2.HighlowAustralia

そもそもボーナスがありませんので、ボーナス関係のトラブルがありません。
初回取引額キャッシュバック(最大5,000円)というキャンペーンが売りなので、出金条件で悩まずにすみます。
この分かりやすさと、ペイアウト率2.0倍のスプレッドハイローとで人気のある企業です。

3.スマートオプション

ボーナスを取引にも出金にも利用出来ますが、出金条件達成前であっても入金額+利益の出金が可能です。
長年の実績がある企業なので、徐々に分かりやすいルールに改善されてきたのかも知れません。
トップトレーダーのトレードを自動で真似するiフォロー機能や、FX取引やラダーも可能など、幅広く評判の良い企業です。

4.VIPオプション

ボーナスを取引にも出金にも利用出来ますが、出金条件達成前であっても入金額+利益の出金が可能です。
本格的な利益を狙いたいトレーダーに向けて作られた企業で、何もかもが少しずつスケールが大きめに設定されています。
3万円以上入金して始めるのならお薦めという噂もありますが、もう少し大きめの方が適してると思います。
5万円~10万以上入金して、毎日、10回以上も取引する人に良さそうです。

5.60トレーダー

ボーナスを取引にも出金にも利用出来ますが、出金条件達成前であっても入金額+利益の出金が可能です。
60秒などの短期トレードばかりする人に向けて作られた企業です。
購入時の確認画面が省略されていて、1クリックで約定してしまうので時間のロスがありません。
ただし、間違えて押してしまわないように注意は必要です。


ほかにもたくさんあると思いますが、とりあえず上記の企業は、出金条件が足枷にならない企業です。

こういったあたりの情報を記載しているサイトは少ないのですが
おはよう!Pips! のFX業者比較・業者の選び方のコーナー
バイナリーオプションおすすめ業者SELECTION
などには良く記載されています。




【ポイント2】
クレジットカードで入金したら、クレジットカードで出金出来るのは入金額までのケースがほとんど。
利益額は海外送金になってしまうので面倒くさい。
出来ることなら、ネッテラーを利用しよう。



これはもう上に書いたままです。

多くの海外企業での入金方法は、海外送金、クレジットカード、ネッテラーの3通りが主力です。
クレジットカードで入金すると、利益が出たときの出金は結局、海外送金になってしまいます。

海外送金は時間もかかる(大抵5~12営業日程度?)し、たまにトラブルもあるのでイマイチ使い勝手が悪いです。

なのでネッテラーがお薦めです。

ネッテラーとはイギリスのオンライン決済システムなのですが、バイナリーオプションに限らず、海外企業のサービスを利用する際にお財布代わりに使える口座です。

ネッテラーに口座を開設しておけば、海外企業からの出金もネッテラー口座にすぐ振り込まれます。
(企業によって差はあるかも知れません。)

入金は、国内の銀行振込みとほぼ同じ、
出金は、ゆうちょ銀行やセブン銀行のATMで引き出せる、

と優れたサービスです。


欠点があるとすると、ATMで1日に引き出せるのは10万円上限であることとか、為替手数料がかかることなどでしょうか。
でも、海外送金でも手数料がかかることが多いので、後者はあまりデメリットでもない気もします。


また、ネッテラーは取引企業を審査するので、おかしな企業はネッテラーを利用出来ません。
ネッテラーが利用可能であるということを、企業の信頼度として受け止めるトレーダーもいらっしゃるようです。

ネッテラーが利用可能な企業は山ほどあります。

ソニックオプションスマートオプションHighlowAustraliaOptionBitTRADE200Opshom.COMVIPオプションなどなど、
他にもたくさんあると思います。

ネッテラーの使い方は初めて使う場合は、おはよう!Pips!ネッテラーの使い方のページが、お薦めです。
主流な使い方だけに絞って記載されているので、1ページを読むだけで使えるようになります。
ほかのことをしたくなったときは、他のサイトを参照すると良いでしょう。


【まとめ】
海外企業でバイナリーオプションをする際は、ボーナスの出金条件を良く確認して、不利な条件であればボーナス受取は拒否しましょう。出来れば入出金にはネッテラーを利用すると便利です。



~今日のおすすめ~
・抜け落ちた愛猫のひげは、猫のひげ保管専用ケースにしまおう!
・不妊のお悩みは、不妊ブログよりもそれを乗り越えたママ達の体験談が貴重です。
宝くじはよく当たる売り場で買おう!

正攻法なバイナリーオプションなら。
トレーダーの皆さん、こんにちは。

突然ですが、バイナリーオプションの利益率に大きく影響する要素は、何だと思いますか?

予測の的中率、取引する時間帯、選択する通貨ペア。

様々な要因が考えられますが、スキルに関係なく大きな影響を与えるのは、言うまでもなくペイアウト率です。

近頃では、
ハイローオーストラリア
TRADE200
ジェットオプション
などなど、ペイアウト率2.0~2.1倍といったサービスが増えてきています。

本来は、ペイアウト率2.0倍などという設定は、企業側の負担が大きすぎて実現不可能に思えるものです。
ですが、上記のサービスの場合は、スプレッドを設けることによって高ペイアウト率を実現しています。
俗にスプレッドハイローと呼ばれる取引です。

ご存知でない方も多いかと思いますので簡単に説明します。
1ドル=100.000円のときに上昇と予想した場合、通常のハイローなら判定時刻に100.001円でペイアウトになりますが、スプレッドハイローの場合は、100.004円までいかないとペイアウトにならない。
というように、一定幅のスプレッドがあるのがスプレッドハイローなのです。

それでも期待値を計算すると、高ペイアウト率のスプレッドハイローの方が好条件と判断するのが普通です。

勝率60%ペイアウト率1.7倍の場合の期待値は、投資額の2%。(平均して2%利益になる見込み。)
勝率60%ペイアウト率2.0倍の場合の期待値は、投資額の20%です。
勝率が55%まで落ちたとしても、ペイアウト率2.0倍の期待値は、投資額の10%です。

普通に考えると、スプレッドハイローの方がずっと得なのです。
ただし、この見解は絶対的なものではありませんので注意も必要です。

あるトレーダーは、通常のハイローなら勝率60%をキープ出来るのに、スプレッドハイローでは勝率47%になってしまう。
また、あるトレーダーは、通常のハイローで勝率60%、スプレッドハイローでも57%を維持出来る。

この差は、「どのようなエントリールールに基づいてトレードをしているか」によります。
さすがに勝率47%まで下がってしまうなら、通常のハイローの方が利益が出ます。

いえ・・・、その前に元々勝率が50%前後のトレーダーなら、スプレッドハイローにしてしまうと、さらに勝率が下がり損失を増やしてしまう可能性があります。

実は、企業がスプレッドハイローのサービスを提供する理由は、このあたりにあると思われます。
しっかりエントリールールの根拠が確立しているトレーダーにはあえて勝たせ(それによって評判も上げ)、その分、まだまだ修行中のトレーダーに負けてもらうといった図式が成り立つのではないでしょうか。

ですので、自分がまだ修行中だと思うのであれば、そういった意味でも、通常のハイローが良いかも知れません。
まずは勝ち癖をつけることが大切という考え方もあるでしょう。

ただし、通常のハイローを行う場合でも、やはりペイアウト率は重要です。

それぞれの企業が、それぞれ魅力的なサービスを提供していますが、正直、シンプルなハイローなら断トツのイチオシソニックオプションです。
ソニックオプションは、通常のハイローではほぼ最大値であろうペイアウト率1.8倍の設定となっていますが、さらにそれが通貨ペアによらず一律固定というメリットがあります。

どの通貨ペアでも一律のペイアウト率なので、期待値の計算が容易なのです。
具体的には勝率55.6%が損益の分岐点になり、55.6%以上の勝率を目標にすれば良いことになります。
これが通貨ペアによって、ペイアウト率が変わるようなサービスであれば、勝率何%を目標にして良いのか、とても計算が難しくなりますよね。

また、この企業を推せる理由は
ボーナストラブルゼロを宣言している安心感。
ネッテラーが利用可能であり入出金がスムーズであること。
・全6項目(使いやすさ、スピード、取引限度額、入出金対応、取引以外の機能、サポート)で
 満足度85%以上の評価を受けるバランス感。
・1等はなんと1ヶ月間ペイアウト率2.0倍となる大抽選会。
などなど、バランス感を保ったまま良心的なハイスペックを実現しているからです。

ソニックオプションに口座を作ってしまうと、長期間居座るトレーダーが多いようですが、そのあたりも評価出来る点だと思います。

企業選択はあくまで個人の好みだとは思いますが、利益率にも影響してくるので慎重に選びたいところですね!


---------------------------------------------------------------------------------------
・バイナリーオプションに関する面白情報!バイナリーオプションおすすめ業者SELECTION
寝起きが悪い人必見!、何の努力もなく快適に目覚める方法。
・赤ちゃんのミルクを作るなら知っておきましょう、ミルクの温度
目の周りが黒いと気になりだしたら?
---------------------------------------------------------------------------------------


ブログランキング

皆様の応援が力になります!
1日1クリックご協力お願いします。



にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ


プロフィール

相場 礼人

Author:相場 礼人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問してくれたひとたち

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。